小説「マリア=ノルダール」後編

 マリアは今、俺の体に覆い被さっていない。さっきまで俺の股間に顔を埋めていた彼女は、人懐こい猫のようにベッドの上へ跳び乗ると、四つん這いになったまま顔をこちらに向けて俺の様子を伺っていた。まだ俺の体に普段通りの力は入らないが、多少動くくらいのことは出来る。もたもたとベッドの上で身じろいで体勢を変えた俺は、余裕そうにニヤつくマリアに少しイラっとして、唐突にそのやたら大きいおっぱいを鷲掴みにした。
「ひゃん……っ!?」
 余裕ぶったマリアの口から、はじめて可愛らしい声が漏れる。さっきからゆさゆさゆさゆさ目のやり場に困っていたんだ、こうなったらもう遠慮はしない。
 柔らかく、重みを感じる豊満なおっぱい。それを両手で両乳ともに持ち上げて、揉みしだく。昔読んだ雑誌で「女は胸を揉まれても気持ち良くない」とか書かれていたが、知るかそんなこと、俺が揉みたいから揉むんだよ。騙し討ちのように薬を盛って体の自由を奪ってくるような女への気遣いなど知ったことか。
「ちょっと乱暴だけど……ふふっ、良いわよ、好きなだけ触って」
「言われなくてもそうするさ」
 指が沈む、弾力で跳ね返される、「やわちち」と呼ぶのが相応しい胸の膨らみ。マリアは四つん這いから膝立ちに姿勢を変え、その綺麗な曲線を見せつける。ああ、好きなだけ触ってやる。マリアの挑発じみた発言に対してそう思いながら彼女の乳を揉み続けていると、不意に彼女の乳首が固く勃起して存在感を主張していることに気がついた。まるで……そう、ここも触ってくれと言わんばかりの存在感だ。
「っ……ぅあん!?」
 指の腹で乳首を撫でた途端、マリアはまたしても甘い声を漏らす。もしかしてこの魔女……余裕ぶっている割には、責められると弱いんじゃないか? そう思った俺は、試しに乳房を揉む手を休め、指先でマリアの乳首だけを執拗に責めてみた。
「これはどうだ?」
「んっ……! っ……ふ、ぅあ……」
 さっきまでの饒舌はどこへやら、急にマリアが静かになる。正解だ。この魔女、自分が責められると弱いぞ。声を抑えようとしているのが気に食わないが、それならば声が我慢出来なくなるまでこっちが責め続ければ良い話だ。
 俺は左手で乳首責めを続けながら、もう一方の手をマリアの股へと伸ばす。デカい胸で視界が塞がれるが、脚に触れたらそのまま上に手を滑らせていけばいい。その過程で太ももを撫でるのも、良い刺激になるだろう。
「あっ、そ、そこは……っ」
 指先に何か温もりのある液体が触れたかと思えば、直後、湿った布の手触りが伝わってくる。少し指を離すと液体が糸を引くのが分かった。目で確かめなくても分かる、これはマリアの蜜壺から漏れ出した愛液と、その愛液で濡れた下着の感触だ。下着だけで収まらず太ももまで滴るほど濡れているなんて、この魔女、もう完全に発情しきっているじゃないか。
「や、そこっ、気持ちぃ……いっ……!」
「びちゃびちゃじゃないか、魔女様のくせに」
「あっ、当たり前よ……久しぶりに楽しめそうで、期待しているのだから……っ」
「手探りの布越しでも、クリがどこにあるのか分かるぞ。これだろ、これ」
「っ……あっ、だ、ダメ、それっ、引っ掻くの……効くっ……!」
 乳首とクリトリス。発情して感度の上がったマリアには、この同時責めがよっぽど効くらしい。彼女は俺の肩に手を置いて体重を預けると、膝立ちで脚をガクガク震わせながら快感を味わっていた。だらしなく開いた口からはヨダレが滴り落ちていて、その顔からはおよそ魔女らしさのある威厳を感じられない。快楽に身を委ねる、淫乱なメスの顔だった。
 俺はしばらくマリアのクリトリスを弄ってから、下着に指を引っ掛けて強引にズラした。今や視界はマリアの乳に覆われて何も見えちゃいないが、指で探ればそこに剥き出しの蜜壺があるのはよくわかる。穴の入口を指の腹で撫でると、粘り気のある愛液が指にまとわりついてくる感触が伝わってきた。ぴちゃぴちゃといやらしい水音が鳴り、次から次へと蜜が溢れてくる。
 これだけ濡れていれば問題ないだろう。俺はマリアの秘部に中指を押し当てると、そのまま穴の中へと挿入した。俺に体重を預けているマリアが、耳元で「うぁ」と声を漏らす。……まだ余裕がありそうだ。中指に沿わせて一緒に薬指も挿入すると、マリアは少しだけ苦しそうに「うぐぅ」と呻いた。
「思ったよりも中はキツいな……ぎちぎちに締め付けてきやがる」
「ふふっ……久しぶりだからかしら、あまり余裕がなくて自分でも驚いているところよ」
「そうか。余裕がないのは本当らしいな、脚が震えてるぞ、ほら」
「それは……あっ!? あっ、ま、待って……っ! なっ、中で、指……っ、ぁぐ、あっ、そんな、急にっ……ぃ、ああっ、あっあ……ぅあ……っ!」
 指を2本挿入したまま、腕を押し引きするように動かして蜜壺の中を掻き回す。ぐちゅぐちゅと愛液の泡立つ音が、寝室の中に響き渡る。耳元ではマリアが言葉にならない声で絶えず喘いでいて、その媚びるような声が余計に俺の興奮を煽った。
「ぅあ、そっ、そこ……っ、ダメ、ダメっ、ダメぇ……っ……!」
「ダメ? イヤならやめるか」
「な……っ、なんて、いッ、意地の悪い坊や……っ! く、うぅ……っ、や、やめないで……! そのまま、続けて……っ!」
 もちろん、どちらにせよやめるつもりなんてない。少し腕が疲れてきた感じもするが、それで俺が手を止めたら負けを認めたような感じがして癪だ。腕を動かす度にマリアの秘部からはびちゃびちゃと水音が漏れ、愛液か潮か分からない液体が俺の腕を濡らしていく。
「あぐぅ……うう、クリが、キミの手のひらに擦れて……っ、ああっ、ダメ、それ……っ、と、止め、あ、ダメ、本当にダメっ、ぅおっ、い、いぎ、イぐ……っ……! ムリっ、イ、イっぢゃう……っ!」
 マリアの声色に焦りが混じる。肩に乗せられたマリアの手が、ぐっと力を込めて掴んでくる。平静を装うだけの余力がもうないということだろう。耳元にマリアの吐息を感じる。呼吸が乱れて強弱の狂った、熱くて甘い吐息だ。
 俺はペースを保ったまま腕を動かし続け、マリア本人が言っていたように、手のひらをクリトリスに擦り付けながら蜜壺をかき回した。中指と薬指はすっかり奥まで咥えこまれ、抜こうと思っても抜くのに手間取りそうなほどだ。欲しがり屋の魔女め、お望み通り満足させてやらなきゃな。
 そのまま責め続けること一分足らず。マリアは突如我慢の限界を迎えたのか跳ねるように仰け反ると、腰をガクガクと震わせながら俺の肩をきつく掴み、それから俺の方へとぐったり倒れ込んで完全に脱力した。
「イ゛ッ……うぅ、おぁ……っ、あっ、ん、ぅぐ……ま、まだ、余韻が……っ♡」
「……いくらなんでも、弱すぎないか? 感度が高いってレベルじゃないだろ」
「ふふっ、そりゃあ……せっかく楽しむなら、万全じゃないともったいないもの」
 そう言ってマリアは、テーブルに置かれた紅茶を指差す。……そういえば、マリアも俺と同じようにあの紅茶を飲んでいた。体から力が抜けているのは俺だけだったから、薬を盛られたのは俺だけだと思っていたが……まさかこいつ、自分で飲む紅茶にも媚薬か何かを仕込んでいたのか?
「参ったわ……本当はもう少し私が責めるつもりだったのに、まさかこうも一方的にイカされるなんて……意外と肝が据わっているわね、キミ」
「そりゃあこの状況じゃ、もう遠慮もクソもないだろう」
「うふっ、違いないわ。それじゃあ……もちろん、これで終わりなんて言わないわよね? 私が満足するまで付き合ってもらう約束だし……キミも満足してないでしょう?」
「ああ。こっちも、もういい加減我慢の限界だよ」
 しばらく俺が手を使って責めるばかりだったからか、興奮が高まる一方で刺激を受けていなかったペニスが、痛いくらいに怒張して「雌」を求めていた。ぐちょぐちょに濡れたマリアの膣内に挿れたい、豊満な乳房を見せつけて挑発するマリアを犯したい、坊や扱いして俺の優位に立とうとするマリアをこの肉棒で啼かせたい。そんな欲望が頭の中を支配して、ほかのことが考えられなくなる。
 だが、行動を起こすのは俺よりもマリアが先だった。
「キミのおちんちん、こんなに硬くなっちゃって……辛そうね」
 さっきまで俺の肩に掴まって腰を引いていたマリアが、今度は膝立ちのまま俺の上へ跨るような位置まで近づいて俺の竿を握っている。マリアの秘部から滴り落ちた愛液が彼女の手と俺のペニスを濡らし、ぬるぬるとした感触で包みこんでいた。ゆったりとした手つきで竿をしごかれるたびに、ぞくぞくとした感覚が背中を走る。亀頭は既にマリアの秘部と触れるか触れないかという位置まで近づいていて、俺かマリア、どちらかがその気になればすぐにでも挿入に至ってしまう、そんな距離感だった。
「ねえ、キミも挿れたいでしょう? 挿れたいわよね、そうよね、私も欲しいの、キミの硬くて大きいモノが……」
「……俺よりも、マリアの方が余裕なさそうに見えるけどな」
「ふふ、否定は出来ないわ……我ながら薬がよく効いているわね。こんな状態で挿れたら、どうなっちゃうのかしら……。ええ、欲しいわ、私の一番奥に、坊やの強いおちんちんが欲しいの……良い? 良いわよね、もう……我慢の限界だわっ……ほら、入るわよ、入っ……ぃ、ぁ、ああっ、んんぅ……っ!」
「っ……く、ぅおお……ぉ!」
 亀頭に秘部をあてがいながらマリアが腰を下ろし、ぐちょぐちょに濡れた蜜壺の中へと男根が飲み込まれる。温かく柔らかい感触は口と似ているが、口とはまた違う締めつけと密着感が一気に襲ってくる。「快感」と言葉にすればその一言だが、実際に俺が味わわされているのは、頭がおかしくなりそうなほどの気持ち良さだった。媚薬の効果か、それとも彼女が人間ではない魔女だからなのか? 今まで味わったことがないような快感がペニス全体を包みこんでいた。
「イッ……く……ぅ! あっ、ダメっ、ダメこれ、挿れただけで、何か……クる……っ!」
「なんだ、この膣圧……っ、挿れたそばから搾り取る気満々かよ……!」
 無数の肉ヒダがペニスを覆い、ゾワゾワと蠢いている。それだけでも強烈な快感なのに、マリアが抱きつくせいで彼女の魅惑的な柔乳が俺の顔面に押し付けられていた。柔らかい、温かい、どこか甘いハーブのような良い香りが鼻をくすぐる。視界が塞がれることでそれ以外の感覚が鋭くなり、マリアの胸に顔を埋める心地良さが余計に俺の興奮を煽る。俺の全部をマリアの中へと注ぎ込みたい。そんな衝動に突き動かされそうになる。
「ダメだ、堪えられない……出すぞ、マリア……ッ」
「ん、あっ……ぁ、出して、出してっ、全部、中にちょうだい……っ、キミの、若々しい精液、全部……私の中に出して……っ!」
 射精を煽るようにマリアが腰を動かし、膣肉が肉棒をしごき上げる。彼女が動くたびに体重に任せたストロークが繰り返され、亀頭の先端が俺の意思とは関係なくマリアの奥を突き上げた。我慢しろと言うのは無理な話だ。
 俺は対面騎乗位の姿勢で向かい合っているマリアの肩を羽交い締めのようにして掴むと、ぐっと力を入れて押し下げた。当然、逃げ場を失くした彼女の蜜壺には深々と俺の肉棒が呑み込まれ、子宮に届きそうなほど奥の奥へと亀頭が押し付けられる。
 直後、辛抱の限界を迎えた俺はマリアの中で果てた。ドクドクと肉棒が脈を打ち、普段よりも遥かに多い精液を注ぎ込んでいるのが自分でも感じられる。どちらかと言えば俺が責められている体勢になっていたはずだが、今は妙な征服感が心を満たしていた。
「ぃぎ……っ、ぁ、ぅああ……っ! おっ、奥ぅ……! ぅお、おぐっ、えぐ、抉られる……イ、イッ、ダメ、またイく、イぐ、ぐ、うぅ……っ!」
 つい無意識に、抱き寄せる手に力が入ってしまった。射精が続いている間ずっと身動きを封じられていたマリアは、腰をガクガクと震わせながらヨダレを垂らし、それでも歯を食いしばって快感の波に耐えているようだった。
「ぁ……ぅあ……ま、待って……い、今は動かないで……ぇ、おっ、奥に……当たってる、から……っ!」
「そっちこそ、中うねらせて搾り取ろうとしてるくせに無茶言うなっ……!」
 胸元に汗を滲ませて、マリアは必死に息を整える。その弱々しい姿を見ていると、心の奥底からふと嗜虐心のようなものが湧き上がってきた。そうだ、この魔女は「満足したら帰す」と言っていた。ならば、元の場所へ戻るためにもマリアをきちんと満足させてやらねば。まだ耐える余裕があるのだから、満足はしていないということだろう。
 マリアに飲まされた薬の効果によるものか、俺のペニスは大量に精を吐き出してもなお萎えることなくいきりたっていた。まだヤれる、まだ足りない、まだこの魅惑的な魔女のスケベな体を堪能したい。
「あっ……」
 まだ動けそうにないマリアを強引にベッドへ押し倒し、正常位の体勢へと移る。ハーブティーによる脱力はいくらか収まったようだ、マリアを抑え込めるくらいの腕力が戻っていた。これなら、存分にこの魔女を犯すことが出来る。
「アンタが満足するまでヤってやるよ、魔女様よ」
「ふふっ……望むところよ、おいで……坊や」
 さっきまで散々イキ散らかしていたくせに、ここまできてまだ余裕を装うつもりなのか。数百年生きている魔女から見ればそりゃ俺も「坊や」だろうが、そんな子ども扱いした男からめちゃくちゃにされたらどんな気分だろうな。今にそのニヤけ面を歪ませてやる……俺はそんなことを考えながら、無抵抗のマリアに覆い被さった。
 お互いの体が重なり、俺の胸元が柔らかい感触で包まれる。包容力を感じる豊満な乳房、胸、いや、おっぱい……! こいつも今は、俺の自由にして良いんだ。
 俺はベッドに腕を突いて上半身を起こすと、マリアの両乳を鷲掴みにして揉みしだいた。マリアの口からは上ずったような嬌声が漏れる。もちろん抵抗の素振りはない。俺はさらに乱暴な手つきで2つの膨らみを歪ませるように揉み、そのままの姿勢で腰を打ちつけた。
「ぉぐ……っ!」
 不意の挿入に心の準備が出来ていなかったのか、マリアの喉奥から絞り出される呻き声。だが「苦しそう」などと遠慮はしない。俺は湧き上がる性欲の衝動に突き動かされるままペニスの抽送を繰り返す。さっきはマリアが俺に体重を乗せていたが、今度は俺がマリアを押し潰す番だ。
「魔女の薬ってのは凄いんだな……これなら、いくらでもヤれそうだ……!」
「あっ、ぅあっ、奥ッ、ダメ、ダっ……ぅぐ……っ! ヤダ、そこ弱いのぉ……っ、イヤ、またイく、イかされ……っ、人間の坊やに……犯されてっ、またイかされちゃう……ッ!」
「何が『イヤ』だ……! そっちから襲っておいて!」
 腰を打ち付けるたびにマリアのねばついた愛液が肉棒にまとわりつき、糸を引く。それを押し返すように俺は腰を打ち下ろし、マリアの弱点と思わしき膣奥をぐりぐりと暴力的に圧迫した。口ではイヤイヤ言っているが、マリアは言葉と裏腹に口元がニヤけていて、挑発的な笑みを浮かべている。目からは涙がこぼれ、真っ赤に紅潮した顔は余裕のなさを隠しきれていないが、それでもまだ「欲しがる」らしい、この魔女は。
 そんなことを俺が考えていると、マリアは不意に俺の首へ腕を回し、抱き寄せるようにしてそっと耳打ちした。
「私のこと、めちゃくちゃにして」
 脳を揺らすような、甘い声のおねだり。その言葉を聞くと同時に、頭の中で理性の糸が切れる音がした。
 
 いつの間にか意識が飛んでいた。水音が聞こえる。どこだ、ここは……そうだ、俺は霧に包まれた森で迷って、マリアに誘われて彼女の家に……。
 寝ぼけた頭を覚醒させながら、俺は今の状況を理解しようと努める。マリアの家に来て、寝室に案内されて、それから……どうなった? 確かマリアとセックスをして、それから……。
「ふふ、まだよ……まだ足りないわ、さあ、もっと……もっと私にちょうだい、若々しいキミの精を……っ! 足りない、まだ……全部、私の中に……」
「な……っ」
 目を開けると、そこには俺に跨って腰を振るマリアの姿があった。体に力が入らないが、これはハーブティーの効果じゃない。単純に疲労で力が抜けているだけだ。俺は一体……どのくらいの時間、意識を飛ばしていたんだ? その間ずっとこの魔女は、こうして俺の精を搾り取っていたというのか?
「あら、目が覚めたみたいね……良かったわよ、理性が吹き飛んだキミの乱暴なピストン。でもダメね、人間の体力じゃ8時間ぽっちで気絶しちゃうのだから……」
「は、8時間……!?」
「それから、今こうして目覚めるまでさらに8時間。ちょうど良いわ、そろそろ無反応のキミを騎乗位で責めるのにも飽きてきた頃だし……また攻守交代といきましょうか? 私、気に入ったのよ。キミに力ずくで獣の交尾みたいに乱暴な犯され方するの……♡」
「じょ……」
 冗談じゃないぞ。この魔女、16時間ヤり続けてまだ満足しないのか? まずい、こんな奴に付き合っていたら帰るとか帰らないとかそれ以前に搾り尽くされて死んでしまう。
「さあ、おいで坊や。私が満足するまで、付き合ってくれるんでしょう……?」
「う、うわあああっ!」
 俺は咄嗟にマリアを押し除けると、手元に転がっていたタオル1枚だけを掴んでその場を逃げ出した。寝室を飛び出し、裸足のまま小屋を飛び出し、木の根や枝で足が傷つくのも気にせず森の中を駆け抜けた。登山に持ち込んだ荷物も、着ていた服も、全てマリアの家に置き去りにしたまま。身にまとうものはどうにか腰に巻いたタオル1枚だけだが、気にしていられない。霧の森からは自力じゃ出られない? だったらあそこでマリアに搾り殺されるしかないって言うのか?
 森から出る方法はない、マリアにも頼れない、助かる希望はどこにもない。相手は魔女だ、逃げようったって逃げられないだろう。だが、逃げ出さずにはいられなかった。いくらあんな美女と好き放題ヤりまくれると言っても、あのままじゃ本当に枯れ果てて死んでしまう。
「誰か、助け……っ」
 どこにも届くはずがない言葉を零すと同時に、俺は地面から飛び出した木の根に足を取られ、湿った土の上で盛大に転がった。痛い、気持ち悪い……お腹も減っているし、喉も乾いた。やっぱり俺は、ここで死ぬのか?
 そう諦めかけたときだった。
「おい、居たぞ!」
 不意に、聞き慣れた友人たちの声が耳に届いた。

~~~~~~~~~~

「あーあ……逃げられちゃった」
 飛び跳ねるように逃げ出した男の背を見送って、裸の魔女は残念そうに溜息を吐いた。彼女の体は汗と愛液と精液にまみれており、寝室には雄と雌の濃厚な匂いが漂っている。
「もっと沢山楽しみたかったけれど……仕方がないわね、人間は脆いもの、夢中になるとつい忘れてしまうわ」
 そう言ってマリアは指を鳴らす。瞬間、小屋の外に満ちていた霧が勢い良く晴れていき、逃げ去った男の行き先に「帰り道」を生み出した。ひとときの楽しみを共に過ごした男に対する、魔女なりのささやかな情けである。
「はぁ……これでまたお預けの日々ね。やっぱりもう少し味わいたかったわ、あの坊やの元気な……ん?」
 ふと視線を床に向け、マリアはなにかに気づく。自分のものではないリュックサックと、自分のものではない脱ぎ散らかした服。さきほど裸で家を飛び出していった男の持ち物である。
 咄嗟だったとはいえ、本人が置き去りにしていったものだ。追いかけてまで返してやる義理もない。が、マリアは人間の常識が通じないだけでその本性は善良だった。
 マリアが手を叩く。体液にまみれた彼女の体から、あらゆる汚れがみるみるうちに消え失せて清潔さを取り戻していく。情事の最中に脱いだはずの服も宙に浮き、瞬きする間にマリアの身を包んでいる。激しいまぐわいによって荒らされて乱れたベッドも、寝室全体を満たす淫猥な匂いも、全てが元通り「綺麗」になっていく。こともなげに魔法を使って身支度を整えるその様子は、まさしく彼女が魔女であることを証明していた。
「この荷物は、坊やのところへ届けてあげましょうか。人間とその所有物は縁で繋がっているもの。荷物を返すついでにこっそり魔法をかければ、その縁を辿り、また何かの拍子にこの森へと迷い込むかもしれないわ。そうなったら……ふふふっ、今度こそ、最後まで楽しまないと。今度は坊やが逃げないように、今回よりもっと優秀なお薬を調合しておかないとね……うふっ、楽しみだわ……♡」
 妖精の悪戯によって異界の森へと迷い込んだ、不運な男。マリアの魔法によって元居た山に帰ることが出来た彼が、後日、再びこの森へと迷い込むことになるのは……また別の話である。

End.